塗る断熱材 GAINA~ガイナ~

gaina

寒さ対策 ⇒ 断熱・保湿

ガイナを建物内部に塗布する事で室内側へ赤外線を放射し、暖かい住環境をつくりだします。

外装に施工して放熱を抑える

熱は、高いところから低いところへ移動する性質を持っています。
ガイナを外装に施工すると、外の空気温度とガイナを塗布した表面温度が適応することによって熱の均衡化が起き、その表面で熱の移動を最小限に抑えます。この動きにより、外部からの冷気の影響を遮り、室内の熱を外へ逃がしにくくします。


内装に施工して暖房効果を高める

室内空気温度がいくら高くなっても、壁・天井の温度が低ければ、熱は壁・天井から逃げます。
ガイナを内装に施工すると、室内空気温度とガイナ表面温度が適応することにより、熱の移動を最小限に抑えます。


ガイナを施工すると、体感温度は上がる

室内空気温度が30℃で、壁・天井の表面温度が10℃である部屋の体感温度は20℃となります[(30℃+10℃)÷2=20℃]。
ガイナを施工した部屋は、室内空気温度が同じ30℃でも、壁・天井の表面温度が室内空気温度に順応し、体感温度が30℃となり、その差は10℃も高くなります[(30℃+30℃)÷2=30℃]。


有限会社エルプラス
〒984-0051 宮城県仙台市若林区新寺1丁目7番35号
TEL:022-295-6730 / FAX:022-742-0235
Copyright © Lplus. All Rights Reserved.